ニホンミツバチ飼育日記

巣箱

うちの近所に住んでいる人の巣箱の様子を観にいきました。
昨年、自作の巣箱を設置したものの昨年は入居がありませんでした。
今年は当初はやる気が萎えていましたが、巣箱内部をきれいにして誘引材を塗布。
そのかいあって2群捕獲しました。

巣箱

だいぶ元気な蜂群です。

巣箱

重箱を入居直後から3段にしていたため巣が偏っているという話しだったので、診にいきましたが、すでに横方向へは充分拡がっていて、順調なようです。

巣箱

スムシがいるようです。

巣箱

畑の道具置き場の小屋の中に設置してあります。

遮光は万全ですし、風通しも良い場所です。


コガタスズメバチ

物置の苗用ポットを入れたコンテナの棚に、コガタスズメバチが巣を作っていました。

コガタスズメバチは、オオスズメバチやキイロスズメバチと比べると、凶暴性は弱いと言われています。
巣も小さく、ニホンミツバチを襲うこともありません。
とはいえこんなところに営巣されると危ないので、駆除してしまいました。

今年は梅雨が長く、雨量も大変多かったです。
こんな年はオオスズメバチやキイロスズメバチが少ないと予想しています。

スズメバチは女王蜂だけが越冬します。
春になると女王蜂が餌や巣の材料を集めて、土の中に小さな巣を作りそこで産卵を始めます。
働き蜂が増えると、今度は働き蜂が巣作りや餌集めの仕事をし始めるのですが、キイロスズメバチはそのときに家の軒先などの高いところに巣を作り直して引っ越しします。
長雨が続くと土の中に作った巣が痛んでしまうことが多く、以前も梅雨の長雨の年はスズメバチが少ないことがありました。

とはいえ生態系は全体がバランスをとって動いているので、予想通り今年のスズメバチが少なければ来年は大量に増えるはずです。


待望の梅雨明けをしました。

梅雨明け

このニホンミツバチの巣箱は3段目を増設したのが7月1日。4段にしたのが7月19日。
かなりの勢いで大きくなってきましたが、ここのところ成長の速度が落ち着いています。

この季節は蜜源植物が少なくなり、女王蜂の産卵が少なくなってきています。
そのため秋の花が咲くまでの期間は巣があまり大きくなりません。

梅雨明け

それでもどこへ行くのか、さかんに巣箱から出入りしています。

梅雨明け

花粉を後ろ脚につけて帰ってくるミツバチもいます。


これから夏の間は、蜜源植物が少なくなる季節です。
それでも、この近辺でみつけた蜜源となる花をご紹介します。

蜜源

ネズミモチの花です。このあたりではあまり見かけないのですが、飯田でみつけました。

 

蜜源

ツルアジサイ。
結構みかけます。

蜜源

サルスベリ。
百日紅、という漢字で書くほど、長く花が続く木です。

蜜源

ミントの1種。畑の雑草になっていますが、日本ミツバチが来ています。

あと、山菜のタラの芽を採るタラの木の花も夏の蜜源になりますが、こちらではまだ咲いていません。


増設

先日3段目まで増設した巣箱ですが、またかなり下の方まで巣板が伸びてきました。
空間を広くすることは暑さ対策にもなりますので、4段目を増設することにしました。

増設

ちょっとわかりにくいですが、巣箱が前のほうに傾いています。
連日の大雨で地盤がゆるんできました。
このまま雨が続くようだと前の方に倒れてしまいます。
増設と同時に地盤も整備することにします。
増設

今回は別の巣箱と重箱を横に用意して、ニホンミツバチの住んでいる重箱3段をそっくりそちらに移動することにしました。

増設

重箱3段を左側に移動します。
このあと、ボルトとナットで重箱を固定します。

増設

雨で緩んだ地盤を整備しなおして、巣箱を移動します。

増設

作業は涼しい早朝にやりましたが、蜜蜂たちがぞろぞろ出てきました。


増設

写真は6月21日に撮影した巣箱の様子です。
まだ2段目の落下防止棒が見えています。
増設

これが7月2日の状態。11日間でここまで大きくなっていました。
しばらく雨模様が続いていたのですっかり油断していました!!

重箱をつきぬけて、下の巣門部分に達しています。
扉からみて右と手前の壁面に少し巣板がくっついています。

巣門の部分の壁面から巣板を切り離して重箱を差し入れなければなりません。

増設

まず右側の壁面に包丁を入れます。

増設

次に手前の壁面にも。

増設

巣門部分と重箱が接しているところも、隙間にミツロウが詰まっていて固定されています。
その部分だけ包丁を入れて切り離します。

増設

慎重に重箱だけ持ち上げます。
巣板が下にぶらさがっています。

かなり強い蜂群で、働き蜂が多数います。
これでは巣の成長も早いはずです。

増設

だいぶ重いです。今年の秋には採蜜できると思います。

増設

増設

ミツバチがだいぶ興奮しているので、真水を入れたスプレーをかけておとなしくしてもらいます。

増設

今後は重心が上のほうで重くなりますので、ボルトとナットで固定します。
手でしめるくらいで良いです。

巣箱は木材でできていますので、湿度によって伸び縮みします。
あまり強く締めすぎると板が伸びた時にさらにきつくなります。

増設

これ以上巣が大きくなったら4方の壁面にしっかり固定されてしまいます。
そのときは、下記ブログ記事のようにするしかありません。

巣箱の底板までいっぱいになってしまったときの対処方法は、
https://wp.me/p8tn7Q-7e

 

 


ニホンミツバチの減少の原因のひとつが、アカリンダニと言われています。

アカリンダニ対策は、今のところメントールクリスタルを巣箱内部に設置することが簡単にできる方法です。

メントールクリスタルはこのような結晶状態です。
保管状態によっては、固まっていることがありますが、その場合はほぐして使ってください。
空気にふれる面積が大きくないと揮発しません。

お茶パック

メントール

これをホームセンターなどで販売している、お茶パックに入れます。
量は大さじ一杯、およそ5グラムです。

 

メントール

お茶パックに画鋲を刺して、

メントール

メントールアカリンダニ

巣門の上の部分に固定します。

 

メントール

外から見るとだいたいこの辺りです。

メントール成分は揮発すると空気より重いので、本当は巣箱上部に固定することが望ましいのです。
しかし、現状では巣箱上部に固定するのは困難なので、巣門の少し上に固定します。

ニホンミツバチ巣箱

今の季節暑いので、巣門の外側では巣箱内部に送風する係の蜜蜂たちが大勢います。

揮発して下に向かって降りてきたメントール成分は巣門からの送風によって撹拌されて巣箱内部に充満できます。

ただしメートールは40度くらいで液化します。
万が一液化すると、やまみつが逃去することにもなりますので、巣門の中央上部ではなく中央からずらして設置してください。

メントールクリスタルのご購入はこちら


4月28日に入居した巣箱の6月2日の様子です。

重箱

捕獲してちょうど1ヶ月になります。
天板が少し見えていますが、横方向へは順調に拡がっています。

待ち桶は重箱2段で設置して、そのまま飼育しています。
重箱の3段目の継ぎ足しは、あとしばらくは待ちます。
もう少し、重箱の2段目の落下防止棒が隠れるまで、このまま飼育しておきます。

 

こちらは同じ巣箱の5月13日、捕獲後2週間の様子です。
重箱

この状態だとまだ天板がよく見えるので、横方向の空間がだいぶあります。
早いうちに3段目を継ぎ足しすると、巣箱の縦方向の空間が長くなり、ミツバチたちは横方向より縦方向に巣を成長させていくので、巣箱の空間に隙間ができてしまいよくありません。
重箱の継ぎ足しはぎりぎりまで待ってください。

なお、継ぎ足しにつかう重箱は、雨ざらし、匂い抜きなどの処理は必要ありません。

新しい重箱の継ぎ足しのタイミングについては下記ページも参考にしてください。

https://wp.me/p8tn7Q-7Y


お問い合わせでよくある質問が、ニホンミツバチとセイヨウミツバチの見分けかたの違いは?というものです。

西洋

こちらの写真は西洋蜜蜂です。写真をクリックすると大きくなります。

日本

そしてこちらが日本蜜蜂。

セイヨウミツバチの胴体はオレンジ色ですが、ニホンミツバチは黒っぽい色をしています。
また、大きさはセイヨウミツバチのほうが若干大きいです。

しかし、どちらかのミツバチだけをみると、色も大きさもなかなか区別することは難しいです。

私が判断材料としているのは、胴体に複数ある縞模様です。
セイヨウミツバチは縞模様の幅が頭のほうにいくほど狭くなり、ぼやけています。
それに対してニホンミツバチは縞模様の幅が同じで、どこの縞も黒くくっきりしています。

写真を拡大して観てみてください。

セイヨウミツバチの巣箱が近くにあると、夏や初冬の蜜源植物が少ない季節にニホンミツバチの巣箱にセイヨウミツバチが盗蜜に来ることがあります。
セイヨウミツバチのほうが強いので、たいていは巣箱に侵入されて蜜を持っていかれ、ニホンミツバチは逃去してしまいます。
そんな時は、逃去防止器を巣門に取り付けてください。
ニホンミツバチの働き蜂がぎりぎり通れる幅に作ってありますので、胴体が少し大きいセイヨウミツバチは入れません。
盗蜜対策になります。

逃去防止器はこちらです。
http://yamamitsuya.com/product/boushiki/


むだ巣

越冬したミツバチで昨年採蜜していない巣箱はあるでしょうか。
もしこの春先に巣が大きく成長して、重箱の3段目までいっぱいになるようでしたら、分蜂が終了したら早い時期に採蜜することをお勧めします。

写真の重箱の右上の赤で囲った部分には幼虫の飼育にも貯蜜にも使われなくなった古い巣(=むだ巣)があります。
働き蜂は巣箱の中では、貯めている蜂蜜の管理や幼虫の育児の仕事に忙しく働いています。
働き蜂が働いている部分にはスムシはなかなか入り込めませんが、むだ巣の部分には働き蜂がいないので、簡単に入り込めます。

スムシはハチノツヅリガの幼虫でミツバチの天敵です。
スムシがたくさん侵入し、巣を食い荒らして大きくなるとミツバチは逃去してしまうこともあります。

そこで採蜜することによって、このむだ巣を除去することはスムシの被害を防ぐことにもなります。

梅雨入りしてしばらくすると蜜源植物が少なくなりますし、クリの花が咲きだすと蜜にきつい匂いがつくようになり、この蜂蜜を嫌うひとも多いです。分蜂が終了した巣箱は、今のうちに採蜜することをお勧めします。