ニホンミツバチ飼育日記

来年の春の分蜂を捕獲するための、待ち桶と呼ぶ空の巣箱。
早めにご準備して雨ざらしなどの匂い抜きをしたほうが成功の確率は上がります。

また、待ち桶として設置する巣箱は、数が多いほうが捕獲の確率は上げることができます。

巣箱を作っていると節穴が貫通していたり、ヒビ割れがあったりする部品が出て来ます。
それらのパーツを組み立てて2級品の巣箱を作りました。
待ち桶用に重箱2段のセットにしましたので、ガムテープで固定してお使いください。

穴の補修など、ご自分でやっていただくことになります。
補修方法などは下のほうをご覧ください。

待ち桶の設置方法などはこちら。

アク抜きの雨ざらしをしてから補修作業をしてください。

貫通した穴やヒビ割れは、中に光が入るとやまみつがいやがりますので、

ガムテープで塞ぎます。

これらの貫通した節穴の内側は、

クリアファイルなどの薄いプラスチックの板とタッカー(ホームセンターで販売しています)でふさぐか、

ミツロウを溶かして埋め、スクレーパーを使って平にならします。

天板のひび割れも、光が内部に入らないようにガムテープでふさぎます

 

重箱2段をガムテープで固定して待ち桶として設置してください。

こういったひび割れは、ネジで補修してあります。

巣箱の補修には

もし、捕獲に成功したら下記のオプションセットをご購入いただき、重箱3段にしてください。

待ち桶用2級品の販売はこちら
待ち桶用2級品

 


やまみつやのある、南信州の山間地では例年だと今頃は最低気温がマイナス2、3度にはなります。
1、2月の厳寒期では、マイナス10度を下回る日が何度かあるような土地です。

昨日は季節外れの高い気温で、日当たりの良いところにある巣箱ではやまみつたちが勢いよく出入りしていました。

この場所は冬でも正午をはさんで、5時間ほど日当たりがあります。
こういう巣箱はまだ冬仕度は早いので、もうしばらく待ちます。

働き蜂は夏の間は寿命が1ヶ月ほどですが、女王蜂が産卵を止めている今の季節からは来春まで3ヶ月は寿命を延ばさなくてはなりません。
そのためには活動量をできるだけ低下させる必要があるので、冬囲いは最低限にしないと越冬できずに死なせることになります。

一方、こちらの巣箱は日当たりが全くなく、夏に捕獲した弱群です。
温度が高くても出て行くる気配はありません。

中をのぞくと、巣板の間にびっしり固まっています。
丸く固まることができるように巣板を成形して身を寄せ合っています。

*寒くなると気性が荒くなっていますので、安易に巣箱の中をのぞくのはやめてください。

こちらの巣箱はそろそろ冬仕度してやります。
やまみつやの巣箱は巣門の下に大きな空間があります。
冬の間は巣箱内部の気温の低下を防ぐために、できるだけ巣箱内部の空間を小さくしてやります。

そこでダンボールでこういった箱状のものを作ります。
上面は26センチ四方。
巣箱の内部の寸法が27センチ四方なので、巣箱にすっぽり入るようにします。

扉を外して差し入れます。

ダンボールで作った箱を扉の内側に差し入れた状態です。

エアーキャップ(いわゆるプチプチシート)で、囲ってやります。

多少の日当たりがあるところでは、1重でも充分ですが、この巣箱は日当たりがないところで、しかも働き蜂の数が少ないので、2重にしてやります。

巣門は働き蜂一匹が通れるくらいに、ダンボールで塞いでやります。
外からの寒風が吹き込むのをできるだけ防ぐためです。

冬の間も暖かい日は脱糞のために外に飛び出すので、巣門はこれくらいは空けておきます。



今週15日木曜日に初霜がおりました。
例年、11月に入る頃には初霜があるのですが、今年は大変暖かい日が続いています。
さほど強い霜でもなかったので、セイタカアワダチソウや、お茶などの蜜源の花も、まだ元気です。
とはいえ、週間天気予報による今週後半は最高気温が10度程度になるので、やまみつの活動も低下してきます。
まだやまみつが活動しているこの時期に最後の砂糖水をやっておきます。

砂糖1キロに対して水は900C.C.と少し薄めにします。(夏場は700C.C.)

餌やり

この巣箱はお盆過ぎに捕獲した蜂群でしたが、その後あまり活発に活動していなかったのでちょっと弱い群です。
重箱も2段から増えていません。

こんな巣箱は砂糖2キロ、やっておきます。

ホームセンターなどで販売している、プラスチックの工具ケース(2リットルくらいはいるもの)に、下のようなスポンジの板を浮かべます。

スポンジ

スポンジは下のように、5ミリほどの隙間をあけます。

給餌

スポンジ、工具ケースはこちらです。


 

 

 


メンガタスズメガ

巣門のところで、ミツバチたちが何かわたのようなものを引きずり出そうとしています。

メンガタスズメガ

メンガタスズメガです。

大型の外来の蛾で、ミツバチの巣箱に侵入して蜂蜜を食べます。

幸い蜂群が強かったので撃退したようです。そのときに蛾がワタを吐き出して応戦したのでしょうか。

夜中、暑くないのに巣箱の外側に大量のやまみつが張り付いているときは、この蛾が侵入している可能性があります。

メンガタスズメガ

逃去防止器をとりつけて侵入を防ぎます。


うちから5キロほど下流に設置した待ち桶ですが、もう今年はあきらめていました。

お盆あけごろ見に行ったらなんと、入居していました。

この夏は暑さが異常だったため、どこかの巣から逃去した蜂群かもしれません。

長い期間放置してあったので、ガムテープの固定がゆるんでいて今にも落ちそうでした。

補強してうちに運んできました。

 

それなりに元気な群です。


ニホンミツバチの減少の原因のひとつが、アカリンダニと言われています。

アカリンダニ対策は、今のところメントールクリスタルを巣箱内部に設置することが簡単にできる方法です。

メントールクリスタルはこのような結晶状態です。

これをホームセンターなどで販売している、お茶パックに入れます。
量は大さじ一杯、およそ5グラムです。

 

お茶パックに画鋲を刺して、

巣門の上の部分に固定します。

 

外から見るとだいたいこの辺りです。

メントール成分は揮発すると空気より重いので、本当は巣箱上部に固定することが望ましいのです。
しかし、現状では巣箱上部に固定するのは困難なので、巣門の少し上に固定します。

今の季節暑いので、巣門の外側では巣箱内部に送風する係の蜜蜂たちが大勢います。

揮発して下に向かって降りてきたメントール成分は巣門からの送風によって撹拌されて巣箱内部に充満できます。

ただしメートールは40度くらいで液化します。
万が一液化すると、やまみつが逃去することにもなりますので、巣門の中央上部ではなく中央からずらして設置してください。

メントールクリスタルのご購入はこちら


ご近所で、ニホンミツバチたちが騒いでいるとの連絡があり、様子を診にいきました。

この暑さで巣が落ちています。
しかし、巣の上部のハチミツを貯めている部分から外れると蜜が大量に流れ出てミツバチたちも動けなくなりますが、今回はハチミツはみられないので、巣板の下部だけが落ちたのでしょう。

とにかく暑さ対策です。
巣箱の下にブロックを置いて風通しをよくします。

巣箱の周囲を草刈りした後、遮光ネットで陽を遮ります。

今回は蜜が流れ出なかったのですが、もし蜜が流れ出るようだと逃去の恐れもあります。


5月24日に捕獲後1ヶ月ほど、そのまま重箱2段で飼育しています。

本当は横方向にいっぱいにしたかったのですが、なんらかの理由で最上部の一部の営巣を避けてしまい、下の写真のように偏ってしまっています。

巣箱内部

そろそろ巣の下端が重箱2段より下に来るので、3段目を増設することにしました。

重箱と巣門部分を固定しているガムテープをはがします。

ガムテープをはがしたところに、空の3段目の重箱を挿入します。

ニホンミツバチは滅多に刺しませんが、服の袖口や手袋のすそから入り込み出られなくなると必ず刺します。
腕カバーで袖口を覆います。袖口が閉まる服なら大丈夫です。

顔を守るためネット付きの帽子を被ります。

巣板の中ほどは、重箱から下に出っ張っているので、引っかけないように気をつけてください。

重箱を3段にしたときには、ボルトで固定します。

抑え棒の穴にボルトを通して、ワッシャーとナットで固定します。

巣箱は木製なので、湿気を吸うと大きくなります。
ニホンミツバチが活動していると、巣箱内の湿度が上がるので梅雨時の今からの季節では、巣箱は膨張していきますので、ナットは軽く締めてください。

重箱を3段にして、ボルトで固定しました。

巣箱内の温度はこれから上がっていきますので、巣箱内の空間を大きくすると暑さ対策にもなります。


巣入り口

今年やまみつが入居してくれた巣箱、盛んに出入りしています。

巣箱内部

扉を開けて中を観察してみると、どうも巣が左に偏っています。

巣箱内部

天気の良い昼間、ニホンミツバチたちが留守しているときに観察すると、やはり巣板が偏っています。

 

巣箱内部

巣箱の中にカメラを入れて上部を撮影。
巣箱内部の1箇所を避けるように巣を作っています。

巣箱内部

おそらく入居した後にこの部分にカビが生えてしまったのかもしれません。
捕獲が5月下旬と遅かったので、巣が大きくなる前にカビが生えたのではないかと思います。
数年前にも同様なことがありましたが、何も問題なくミツバチたちは巣を徐々に大きくしていきました。

しばらく様子を観てみます。