ニホンミツバチを捕獲する〜1

ニホンミツバチ巣箱

新品の巣箱は杉の匂いがきついので、雨ざらしにするか、流水につけておいてアク抜きします。

ニホンミツバチ巣箱

ミツロウ(=採蜜後の巣屑など)は天板や巣門の前くらいに塗ります。

バーナーやライターであぶってスクレパーを使って延ばします。

ニホンミツバチ ミツロウ

内部にあまりたくさんミツロウを塗ると、梅雨時にカビが発生するので気をつけて下さい。

ニホンミツバチ 重箱式巣箱

黒いガムテープで重箱と天板、巣門部分を固定します。ガムテープは半分の幅に裂くと扱いやすいです。

ボルトで固定しないのは、待ち桶として設置するときに持ち運びが軽いこと。もし分蜂群を発見したときに、天板のガムテープを外すだけで簡単に取り込み作業ができるためです。

捕獲に成功して巣作りを始めたら巣が重くなりますので、そのときにボルトで固定します。

内部に焼酎を霧吹きします。匂いつけとカビ予防です。
ニホンミツバチ巣箱 捕獲

やまみつやの巣箱の重箱は標準で3段ありますが、捕獲のための待ち桶には2段にします。

やまみつは、嗅覚だけでなく視覚も使います。赤や黄色の目印をつけます。

この大きさが捕獲の確率が上がります。また、最初から縦に長い空間があると、巣を細く縦方向に伸ばすためです。

巣箱の販売所はこちら

 



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)