誘引剤を作る ニホンミツバチを捕獲するために

誘引剤

早くも桜の開花宣言が聞こえて来ました。
ただ、桜の花が咲いたからと言って、春が早く来たと焦らないでください。

桜の花芽は前年の夏にできると、休眠してしまいます。
この休眠を打ち破るためには寒さが必要になります。
今年は1、2月にかなり厳しい寒さで、桜の花芽の休眠打破が充分すすみました。
そして3月は初夏のような陽気が続きました。
このため、桜が開花しました。

桜の開花には、低温 ー> 高温 といった温度変化が必要になり、必ずしも春が来たという基準にはなりません。

とはいえ九州の南部のほうでは分蜂もそろそろ始まっています。

 

分蜂が始まっているところでは、手作りの誘引剤を作りましょう。
水1リットルに対して、砂糖200グラム、蜂蜜大さじ1、酢大さじ1を入れます。
この液を作っておき、ヤクルトの小瓶などに入れます。
ここへヤクルトを数滴垂らして1、2時間ほど暖かい日なたに置きます。
ヤクルトが入ると発酵が促進されるので、発酵臭がしてミツバチを誘引します。
アルミ箔の蓋には小さい穴を3、4個あけて、瓶の口を塞いでください。
こうしないとミツバチが中に入っておぼれてしまいます。

発酵臭は10日ほどでおさまってしまうので、交換してください。

 



この記事へのコメント 2件

  1. 高橋ゆか

    on 2019年3月30日 at 9:01 PM - 返信

    はじめまして、質問失礼いたします。
    ヤクルトの、ふたに、あなあけて、おいといたら、いいんですか?瓶にふたする、?て、言う意味がわからなくて。
    初めてでして、何もわからなくて、すみません、!

    • yoshida

      on 2019年3月30日 at 9:17 PM - 返信

      高橋様
      コメントありがとうございます。
      言葉が足りずにすいません。
      もともとのヤクルトの瓶に誘引剤を入れて、アルミの蓋をもどして、とがったもの(箸など)で穴を数カ所開けます。
      こうすると香りだけが外に出て、実際にミツバチがやってきても液体で溺れることがありません。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)